福岡ブランド.com 福岡の人がおすすめする 福岡のいいもの満載!

ふくおかの地域の魅力をこだわりの食と観光でご紹介!

  • HOME
  • グルメ座談会

■グルメ座談会 ~福岡を"食"で元気に!~■

グルメ座談会 ~福岡を食で元気に!~

会場:レストランフォレスト(京都郡みやこ町)
参加メンバー
福岡ブランド育成事業推進委員会・委員長 長谷川 法世
福岡ブランド育成事業推進委員会・委員 吉田 宏
福岡県商工会連合会・会長 城戸 津紀雄
福岡ブランド育成事業推進委員会・副委員長 原 幸一郎
福岡ブランド育成事業推進委員会・委員 花田 伸二
福岡ブランド育成事業推進委員会・委員 マジシャン一周
福岡ブランド育成事業推進委員会・委員 矢野 省吾
●参加メンバーのプロフィールは>>コチラ

県内はもとより九州各地から良質な食材が集まる今や全国有数の食の都として評価の高い「ふくおか」において、 不景気やデフレ等の影響下にある昨今、選りすぐりの福岡ブランドを通して、いかに「地域」を活性化し、また 情報発信していくのかを、福岡ブランド育成事業推進委員会・委員長の長谷川法世氏をコーディネーターに熱く語る座談会を行いました。

 


◆長谷川


福岡の観光と食をどうするかっていうのが、福岡ブランドドットコムの話だと思います。
そこで福岡の食材あるいは食文化をいかに観光客に売り込むのか、あるいは海外に送り出すのか 国内でもいいですけれども、そういった時に特色って何だろうということから始めていくべきじゃないかなと思うんですよね。

食材としては、魚とか野菜、果物、いろいろあります。今、世界中が世界遺産とか言って観光化の道を進んでいるんですね。 私が素人考えで思うに、日本もそれに遅れじと言って観光に目覚めたんですよね。モノを造って、機械を造っていたのがもう飽和したと。
 

テレビ製造なんかも、元々工場が原価を償却して、いくら付加価値を付けても先が見えてるということで、政府はその辺を歳入確保のために何をしたらいいかって時に、観光を一番、それも新しく作るんじゃなくて、今ある物を使おうじゃないかっていう風になっていて、これは文化財を観光にも使おうっていう多元的な見方をし始めているんですね。

その中で、食とか史跡とかが合わさった観光化っていうのが進んでいるので、全国でそれをやってますから、特色が無いとダメなんですよ。 だから今全国でいっせいに観光で付加価値を付けようって言っているんですよね。

福岡の観光と食をどう全国の中で、あるいは海外のお客様へ発信するのか。その時に、今、特色はあるのか。 北海道ではカニだよね、昆布だよねと言うけれど、じゃあ北海道の人が欲しがるような福岡の食ってあるんだろうかって。

◆花田


食材っていうのは限られているので、それを名物として、どう加工して、それをどう情報発信していくのかという、そういう道しか今のところは無いんじゃないかなと。 県外から来た人で言うと、不思議と水炊きともつ鍋を食べに行きたがるんですよね。自分たちはそこまで頻繁には食べないですけれど。

◆長谷川


ただ、それは福岡市、あるいは福岡空港に降りた人、博多駅で降りた人っていう風な感じだと思うんですよね。 今は新幹線が出来ていて、もっと下ったところに最初から降りる人には水炊きは無いですから。 柳川なら、今でも柳川鍋っていうのはドジョウ鍋ですから、柳川市の食べ物だと思ってる人が全国にも多いと思うんですよね。 今、北原白秋が生誕100年なんですけれど、そういうのと併せて観光と食っていうので、もっと広めるべき余地、可能性があるってことなんです。

◆城戸


日本の資源というのは、もう観光ぐらいしか無いんじゃないかなと。ものづくりの国ではなくなってきている感じがします、現実的に。

まだ消費を上げろ、消費を上げろと言うけれど、もう全ての物が行きわたっているんですよね。車もあるし、電化製品もほとんど家庭に普及しています。 着る物も普及している、さあ何が欲しいかと聞いたときに、欲しい物に心当たりが無いと。 だから食べ物なら食べ物、観光なら観光で市場調査をやってみたら面白いかも分かりませんね。


◆原


ただ、日本に観光に来ていただけるお客さんも、誰でも彼でもじゃなくて、中国なら中国、上海なら上海に特化するとか、ターゲットを絞っていかないとボケてくるんじゃないかと思いますね。

◆長谷川


今、博多町家ふるさと館にも博多の辺りに船で来られたお客さんたち、国際会議で来られた外国の方とかもよく来るんですよ。 施設としては、市がいろいろアピールしてくれた、あるいは町家ふるさと館の人間たちもアピールしたというのがありますが、ただ、外国人が来られた時に話せる人間がいないんですよね。残念ながら私も外国語は全然ダメで、ご覧になってどこか気に入られました?どうでした?とか感想が聞けないんですよね。商店街を歩いていても、凄く外国人が増えているんですが、店主が言葉を喋れないんですよ。 だから、誰かが「何を欲しいですか?」というような会話をジェスチャーでやってとか、そういうところを、とりあえずシステム的に商店街でやるとか、市が音頭を取ってやるべきじゃないかと。

◆吉田


観光のある意味での難しさっていうのは、相手のニーズにどれだけ応えてるかっていうことと同時に、自分たちが一番大事にしたいものをどれだけ受け取ってもらえるかっていうことを同時にやっていかなきゃいけないことなんです。 これがやっぱり最終的に非常に難しいところだと思います。何でも向こうが喜ぶことをやりさえすればいいんであれば、自分たちは一体何に主体性をもっていくのか、地域作りにしても町作りでも、メインのひとつで取ってますよね。

食の話に繋げれば、福岡の場合は韓国人が6割7割で次に中国人だけど、じゃ、彼らに一番美味しいと思う調理の仕方、食材などをどこまで出すのか。全く出さないっていうと、また全然来たって何も食べるものがない。
 

その辺の折り合いがお互い矛盾するものじゃなくて、お互いに良い関係で磨きあっていけるような仕組み作りというかそういう考え方というのは大事だと思うんですよね。

◆城戸


物はすぐマネされる。日本にあるものというのは持って行けないということがあります。来ない限り景色は見られない、料理も味わえないとか。そういうモノを作っていかなければダメでしょうね。

◆マジシャン一周


以前、東釜山大学というところに、マジックセミナーの講師で行ったんですけど、その時に韓国の学生とかと話していると、今、彼らは博多には来ているんですよね。釜山だから。やっぱり美味しいのはラーメンだって言います。博多ラーメン最高と。 やっぱり福岡ブランドも韓国語版を作らないといけないですね。

◆矢野


観光の話で言うと、福岡よかとこドットコムというのは、相当なところまで撮影をしているわけですよ。福岡県内に関しては。 太宰府とか有名なところもあります。その中で、小さな田舎の神社仏閣まで撮っていくわけですよね。 そうすると、神社仏閣を好きな人はこういうところにも来るかもしれないということで撮っていくんですけれども。

中国の、日本人と同じくらいの人口の富裕層の方々がお出でになる時に、例えば、福岡に泊まって、阿蘇に行きたいとか、もしかしたら武雄温泉に行きたいかも知れない。 そういうところっていうのは、それぞれ県単位でやってしまうと、実際のニーズと全く合わないようになってしまう。

そこをどうにか解決する必要があるんじゃないかというのは感じます。

やっぱり福岡がメインになって、特に福岡市も含めて、この間口が中心になって、それこそ湯布院に行ってもいいじゃないかと。 そういうことをやれるのは福岡しかないと思います。

◆原


でも実際的に、例えば鹿児島だとか宮崎だとかをしたときには、必ず福岡に入って福岡から出て行かれるという風に考えたら、よその県にも力を入れた方がもしかしたらいいかもしれませんね。

 

◆城戸


私なんか中国に何十回って行っていますけど、行くところが大体同じようなところばっかり。でも、向こうの人は自分たちが喜ぶようなところに行きますからね。

◆長谷川


こっちから海外に行ったときのことを思い浮かべればいいんですよね、基本的には。変に自分のところの国のコックを連れてきてる料理店に連れて行かれてもね、いや、それなら自分の国の行きつけの店に行くよと思いますよね。

◆花田


以前に、どういうものが喜ばれるかっていうことを調べに、ちょっと上海に行ったことがあって、上海のある程度お金を持った人って、自分のところの海って凄く汚いので、新鮮な魚は食べないと。福岡に来たら「ざうお」っていう、その場で捌いて食べさせてくれるお店がある。そういう理由から中国の方が来られているケースは非常に多いです。 

◆吉田


今、韓国も相当和食が広がっているみたいで、福岡の中村調理師学校がソウルに学校出したりして、和食を教えたりするんですけど、困るのが、かつおぶしが無かったり。いくらでもありそうじゃないと思うけど、そういうベーシックなものが無かったりするので、日本の食文化が外国でもっと広まるのが、単なるメニューが紹介されるだけじゃなくて、それをベースで支えている、そういうかつおぶしとか和包丁であるとか、日本では当たり前に存在するものが、向こうは流通過程にないので、その辺は大分影響が大きいという話はされていましたね。

◆城戸


日本のかつおぶしを向こうで作るんじゃなくて、こっちで売ったらいいんですよね。現実に。

◆マジシャン一周


福岡の食を使って日本に海外の人を呼び込むために宣伝が必要ですね。自分が旅行するときに、ソウルに行ったらソウルのこのお店のコレが目的ということであれば、言葉が分からなくても、それを目がけて行きますから。 

◆吉田


やっぱり空港で最初に降りるのは福岡空港が一番多いわけですから、そこからスタートして、一泊するなり食事するなり、それは湯布院なんかに行っても、湯布院で3泊して、また福岡空港からポンと帰るというよりも、行きか帰りか福岡かその周りで1泊ぐらいはするでしょう。

◆矢野


どうしても玄関口っていうと、やっぱり政令指定都市っていうか、そういう街中には必ず期待がありますけれど、鹿児島から福岡に行って、また戻ってきて鹿児島から帰ることよりも、どうしても福岡が玄関口にならざるを得ない

◆吉田


九州新幹線が果たす役割はもの凄く大きいと思いますし、またそれがどんどん普及していけば、1時間ちょっとで行けるわけでしょう。 道州制ができるかできないとかを待つ必要もないですね。福岡はお兄ちゃんなんだから、お兄ちゃんが妹や弟のために一生懸命にやるのは当たり前ですから。

◆原


福岡ブランドの方向性もそういう話に持っていかないと、今のブランド企業さんの繁栄にも繋がらないと思うし、鹿児島とか宮崎とかいろんな地域をサポートしながら魅力ある九州を感じてもらって、そして帰りにちょっと(福岡に)寄ってもらうという形を作れば、福岡ブランドがもっと力をつけるようになると思いますね。


◆吉田


福岡は今は一極集中で栄えているように見えるけど、結局、九州っていう非常に豊かな地域がバックにあったからこそ今の繁栄があるので、九州はここって言うときに「福岡だけ」っていうのは、それはあり得ない。例えば九州新幹線の開業なんかを契機にして、経済の分野の人もそれを実証してもらいたいっていう気持ちはありますね。福岡から入ってこうやって廻って、結局みんな豊かになるのかと。

福岡が魅力的な町になってたくさん来て、それが豊前にも足を伸ばしてもらうとか、佐賀の肥前に行くとか、そこは行政の意識も必要だけど、要するに観光に携わる人たちのもう一歩踏み込んだ志みたいなところがあると、広がっていくと思うんですよね。

◆長谷川


市役所の方があちこちから来られてるんですけれど、結局、福岡市という都会に来ているという意識が強いと思うんですよ。 で、自分の地元はベッドタウンなんだと、故郷なんだと。もっとうまく自分の情報をアピールして、私が愛している生まれたこの土地は、こうなんだっていうことを言えば、もの凄い情報が集まると思うんですけど、みんな福岡市化しようとして頑張ってると思うんですよ。 それが間違いだと思うんですよね。 その土地の特徴みたいなのを見つけるというか、他と差をどこかで自信の持てる、これは売り物になるかも知れないというようなのを見つけることは必要だと思いますし、新しく作るのも当然必要ですけど、この土地をもっともっと見つめてみるっていうのはね。

僕は、みやこ町の国分寺は、こないだNHKが三重の塔を富岳三十六景にちなんで36枚描きますって言ったら、やってたでしょ。 あれを見ると、どこでも出来るんだよね。町おこしという言い方で言えば。どこでも見つめるべきものはあるんだよと思います。
コーディネーター

長谷川法世氏 

1945年、福岡市博多区生まれ。同市立博多二中から福岡県立福岡高校に進み、卒業後に上京。

68年「正午に教会へ」で漫画家デビュー。76年から、週刊誌漫画アクションで「博多っ子純情」を連載する。同作品などで80年度の小学館漫画賞を受賞した。

現在は活動拠点を博多に移し、2003年から「博多町家ふるさと館」の館長を務める。

博多の伝統文化の保存を目的に市民有志がつくる「博多町人文化連盟」の理事長でもあり、明治期に世界を舞台に活躍した博多出身の俳優川上音二郎の顕彰や町家の保存運動などに力を入れる。

06年に福岡市文化賞、07年に福岡県文化賞を受けた。博多祇園山笠は土居流から参加する。65歳。

福岡ブランド.comの委員長として立ち上げ当初より尽力してきた。
長谷川法世氏
長谷川法世氏
吉田宏氏
吉田宏氏
吉田宏氏 

福岡県出身。ラサール高校卒業。慶應義塾大学経済学部卒業。

1980年、西日本新聞社に入社。経済部記者、社会部記者、論説委員、経済部長などを歴任する傍ら、この間に報道番組のコメンテーターも務めており、テレビ西日本の土曜NEWSファイル CUBEに時折出演していた。

2006年7月26日、経済部長を最後に退社。2006年12月福岡市長に就任。

2010年11月の市長選では、有権者の民主党離れと対立候補の子供病院の人工島移転の有無というポイントにより、おしくも落選。

しかし、市長時代には、市債残高を市長就任後の3年間で約1千億円縮減し、財政健全化を進める一方、未就学児童の医療費無料化を実現することなどにより、福岡市は出生率伸びにも繋がった。また、不登校・ひきこもり児童・生徒対策や障害者福祉事業にも力を入れた。 対外交流の分野では、釜山市との関係を強化し、国境を越えた超広域経済圏の形成に取り組んだ。

西日本新聞社時代に委員として福岡ブランド.comの立ち上げに携わってきた。
城戸津紀雄氏 

福岡県商工会連合会の現会長として参加企業の活性化に努める。

また、福岡ブランド.comの運営にも尽力し、現在400社以上の参加企業推進のために陰ながら助成中。

自身でも株式会社城戸石材加工所や森のウェディング「チャペル」「セルリアンホール」、森のレストラン「フォレスト」「結婚式や披露宴、宴会も可能な大型の「レストラン フォレスト」「ギャラリーオブストーン」「鉄板焼き料理 蔵戸」を経営。
城戸津紀雄氏
城戸津紀雄氏
原幸一郎氏
原幸一郎氏
原幸一郎氏 

福岡県商工会青年部連合会の元会長として、組織運営に携わる。

福岡ブランド.comの立ち上げ当初から携わり、福岡ブランド育成事業推進委員会の筆頭副委員長や管理運用部会の部会長を兼務。

自身では、柳川市を本社に構える株式会社福岡県南部給食センターの代表取締役も務め、福岡の「食」を支える業務に従事している。
花田伸二氏 

出版社時代に九州中の源泉かけ流し温泉を巡ったムック本「ハナダ・オンセン・パラダイス」を発行したころから、温泉ファンとなり、「温泉ソムリエ」も取得し、旅コメンテーターとしてTV番組(TNCももち浜ストア)出演中。

自身は(有)花田カンパニー代表取締役として活躍中で、福岡ブランド育成事業推進委員、管理運用部会及び企業選抜調査部会委員を兼務。
花田伸二氏
花田伸二氏
マジシャン一周氏
マジシャン一周氏
マジシャン一周氏 

アメリカ・ソルトレイクシティで開催された「IBM世界奇術大会」出場。

大阪で開催された「第4回なにわのマジックコンベンション」ステージコンテストにて第1位獲得。

新宿京王プラザホテルで開催された、SAMジャパン主催「第8回世界マジックシンポジューム東京大会」ゲスト出演。

など、数々の功績がある日本屈指のプロマジシャンで、福岡ブランド.comの立ち上げ当初から携わり、福岡ブランド育成事業推進委員会委員として現在まで活躍。自身も一昨年まで外食産業を経営していた経験もある。 
矢野省吾氏 

福岡ブランド.comの立ち上げ事務局。企画から研究会を経て現在までこの事業に携わっている。

現在は福岡ブランド育成事業推進委員、管理運用部会及び企業選抜調査部会委員を兼務。

自身では、朝倉郡筑前町で介護事業グループホームさくら・介護用品ハーテックのオーナー、(有)山家道酒店取締役などの企業経営に携わっており、サイトでは“グルメ太郎”として、様々な食文化に精通している。

現在、福岡県商工会連合会会員福祉課長。
矢野省吾氏
矢野省吾氏

 

福岡のグルメ散策

北九州のグルメ散策

筑豊のグルメ散策

筑後のグルメ散策

福岡を満喫

北九州を満喫

筑豊を満喫

筑後を満喫

Copyright (c) 2009 FUKUOKA BRAND.All rights reserved.